自社物件からすすめる仕組みとは

女性

新しい生活を横浜で始めるため、不動産会社で希望の賃貸マンションを伝えれば、それに合った物件を紹介してくれる筈です。しかしそれにも順番があり、自社の貸し出し物件を最初にすすめるのが一般的と言えます。自社所有の賃貸マンションなら、毎月の賃料が自分の会社の収入になるので、不動産業者としても最も借りて欲しい賃貸物件だからです。また、この賃貸マンションは仲介手数料不要という嬉しいメリットがあるため、借りる側にとっても魅力的な恩恵があります。仲介手数料が要らなければ家賃の一か月分を節約できますから、初期費用を抑えたい人には願ったり叶ったりの仕組みではないでしょうか。そして、自社物件の次に紹介されるのが個人オーナーから運営を一任された自社管理物件であり、利益が低い他社物件は大抵最後の方に紹介されると思います。

ペットと一緒に暮らそう

ペットが飼える賃貸マンションは横浜市内でも提供されているので、ペット相談可やペット可、そしてペット共生型の賃貸マンションを探すと良いでしょう。後者になるほどペットライフを満喫できますから、本格的に犬や猫を飼いたい場合は、ペット共生型を中心に探してみてください。この賃貸マンションには散歩後に便利なペット専用の足洗い場など、重宝する設備も整っているのが魅力です。ただしペット共生型は横浜エリアでも大人気なので、時には入居可能な物件が見当たらないかもしれません。そんな時はペット可の賃貸マンションが良く、この物件なら小型の犬や猫なら大抵飼えると思います。何よりペット共生型より物件数が多いため、横浜エリアでも比較的探しやすいのが大きな利点です。

意外に狙い目の分譲賃貸物件

上質な賃貸マンションに住みたい時は、分譲賃貸マンションを探してみるのもおすすめです。このタイプの賃貸マンションは横浜エリアでも探せますが、これは賃貸専用マンションではなく、元々分譲物件として売り出されたマンションになります。賃貸専用物件との違いには遮音性もあり、永住を前提として設計されているため、隣室との間に適切な空間と遮音構造が設けられています。なので通常の賃貸マンションより、生活音の影響を受けにくいのが優れた利点と言えでしょう。また、個人オーナーのリロケーション物件では、定期建物賃貸借契約で入居するパターンが多いと思います。この契約方法は一般的な賃貸借契約と異なり、最初に入居期間を定めて賃貸契約を交わし、満了時に退室となる方式です。そして、この契約には更新手続きが法的に存在しないため、仮に6年契約ですと、通常ならその間に2回発生する更新料の支払いが不要となります。